カートをみる ポイントを確認する ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

.

米ぬかアラビノキシラン(BioBran)の解説は、下記5頁に記載しています。

 商品数が多いので(1)に総論、(2)〜(5)に各論を加筆しています。
 各論頁に掲載されている、体験談の殆どはメーカーに届いたご利用者の声です。
特集(1) 特集(2) 特集(3) 特集(4) 特集(5)

バイオブラン(米ぬかアラビノキシラン誘導体)とは?

  人体を構成している糖は、主にグルコース、ガラクトース等の6単糖で
  バイオブラン(米ぬかアラビノキシラン誘導体)は5単糖のかたまりです。


腸管免疫を誘導
アラビノース、キシロースで構成される5単糖が、腸管免疫を誘導(通常人体には無い、5単糖物質が軽微なアレルギー反応を起こし、免疫システムに刺激を与える)し、さらに腸管から血中に入ってNK細胞などの免疫を誘導させるという画期的なアプローチが免疫療法を実施している、医療機関で高く評価されています。

腸管吸収可能な低分子
同様の免疫システムへのアプーチに丸山ワクチン(主成分=アラビノマンナン)がありますが、こちらは分子量が大きいために注射による投与になっています。また、アラビノース、キシロースで構成される五単糖は主にイネ科の植物に多く含まれますが、腸管吸収可能な単位まで低分子にしている製品はごく稀です。

世界50ヶ国に普及
バイオ技術で世界の先端を行く日本で開発された、大和薬品製の【バイオブラン】は現在世界約50ヶ国に普及し、アラビノキシランを有用成分とする免疫サプリメントの中で、最も信頼の高い製品です。
※.日本ではレンチンプラスですが、海外は商品名は違っても「バイオブラン」のブランド名は共通です。

高い評価と安全性
世界各国の製薬会社や食品会社にOEM供給をしている大和薬品へ、震災直後安全性に関する問い合わせが殺到しました。いち早く、原料入荷及び製品出荷時の二重の放射能検査を実施し、高い評価を受けました。
※.現在でも原料&製品はすべて放射能検査を経た上で生産・出荷されています。

米ぬかヘミセルロースを低分子にするシイタケ菌糸体酵素

  人間がもつ酵素では米ぬかの繊維は低分子になりません。
  人間が食べる前にシイタケの酵素が低分子にしています。


青カビとペニシリン
世界初の抗生物質であるペニシリンは、発見のきっかけとなった青カビの学名が由来となっていますが、現在でも菌類の酵素を利用した医薬品の研究は進んでいます。カビやキノコなど菌類の酵素は、人間の体内では作り出せない力を秘めています。
シイタケ菌糸体
米ぬかアラビノキシラン誘導体を作っているのはシイタケ菌糸体です。蜘蛛の糸のような菌糸から出される酵素によって、米ぬかの食物繊維を腸管吸収(腸壁吸収)可能な大きさまで低分子にしてくれています。

低分子の米ぬか誘導体アラビノキシランは腸から吸収されます

BioBran(バイオブラン)レンチンプラスの詳細説明


バイオ=生物化学 ブラン=米ぬか レンチン=シイタケ

BIO BRAN 「バイオブラン」
= 商標(ブランド名)

LENTIN PLUS 「レンチンプラス」
=商品名

米ぬかアラビノキシラン誘導体
=有用成分名

シイタケ(レンチン)菌糸体から分離した強力な酵素分解によって生成された超低分子の米ぬかアラビノキシラン誘導体を有用成分とする、バイオブラン(生化学,米ぬか)の商品名がレンチンプラスシリーズです。

独自の製法により一般的な食物繊維や他のアラビノキシラン商品にくらべ体内に取り込まれやすい特性があります。
20年以上にわたり科学的データを蓄積。アメリカ、アジア、ヨーロッパ世界50ヶ国以上で販売されています。

アラビノースとキシロースの糖鎖【アラビノキシラン】

米ぬかアラビノキシラン誘導体の構造式 玄米表皮(糠層)の食物繊維は、人体の酵素では小さく分解できませんが、担子菌(キノコ)の菌糸体から抽出される酵素(エンザイム)を使うと超低分子の糖類まで分解可能になります。

大和薬品は何度も試験を繰り返し、特に強力なシイタケ菌糸体(DAIWA-A95菌)を選別培養し、その酵素を米糠の水溶性部分に反応(生物修飾)させて、アラビノースとキシロースの糖鎖【アラビノキシラン】の抽出に成功させました。

生体防御作用を活発に誘導

がん細胞を攻撃するNK細胞米ぬかアラビノキシランは直接的に癌細胞を攻撃するものではありません。

米ぬかアラビノキシランは通常では人体に吸収されないので、人の免疫系はこれを異物として捉えて、生体防御作用を活発に誘導していきます。

米ぬかアラビノキシランのような免疫サプリメントを利用を開始して、著しくNK細胞活性が上がる方と、あまり変わらない方と個人差が大きく分かれます。療法としてご利用になる場合は、目安として2〜3ヶ月継続利用をして経過をみることをおすすめ致します。

また療法でなく、普段から疲れやすいとか風邪が流行り出したので注意したいという方は、継続的な利用ではなく、その都度2週間ほどご利用されることをおすすめ致します。

レンチンシリーズの始まりはAHCCレンチンゴールドから出発していますが、その後、特殊なシイタケ菌糸体酵素の抽出に成功し、水に溶けやすく、飲み易い微粉末化に成功し、BioBranレンチンプラスの商品名が確立しました。

世界50ヶ国以上で愛用されている、BioBran(バイオブラン)


世界50ヶ国以上で愛用されている、BioBran(バイオブラン)
※.日本国製法特許No.3519187 アメリカ製法特許No.5560914 
イギリス、フランス、スペイン、イタリア、ドイツ、ポルトガル製法特許No.753582
韓国製法特許No.0344755


サプリメント先進国のアメリカで、2000〜2001年にかけてBioBran(バイオブンMGN-3)は、2年連続「免疫サプリメント販売1位」を達成しました。
ちょうどインターネットの隆盛と時期が重なったため、当時は日本発のサプリメントと知らずに、逆輸入していた方も多かったです。
バイオブラン・レンチンプラスが、他の免疫サプリメントと比べて特筆すべきことは、学術論文や臨床データが豊富であることです。

インターネットの海外サイトにバイオブランのデータ報告例が多くみらますが、日本国内ではJAFRA(日本食品機能研究会)の中にある、【注目される米ぬかヘミセルロース・米ぬかアラビノキシラン(MGN-3)】←こちらの頁によく整理されています。

やや専門的な記述が多いですが、癌の予防や治療に関わる医療関係者や、食品機能の研究に携わる方々に是非読んで頂きたいと思います。

粉末タイプ・粒タイプ・カプセルタイプ


BioBran(レンチンプラス1000 105包) BioBran(レンチンプラス1000 30包) BioBran(レンチンプラスガンマー 140カプセル) BioBran(バイオブラン250 50タブレット)

米ぬかアラビノキシラン商品は、粉末タイプと粒タイプとカプセルタイプの3種類で4商品
それぞれBioBran(バイオブラン)の含有率が異なります。

レンチンプラス1000(粉末)の105包と30包1包=1000mg

レンチンプラスガンマー140粒1粒=180mg

バイオブラン250 50粒1粒=250mg  の4商品になります。

粉末とカプセル・粒タイプ、どれがいいですか?

医療機関等で治療補助として利用されているのは、圧倒的に粉末タイプの商品になります。患者様などは投薬などのストレスから腸管吸収力が減退しているので、飲み易くBioBran含有率が高い1袋(=1000mg)の商品が必要であるためです。

日常の健康維持としては、カプセルや粒タイプで充分であると思います。また、粉末商品は価格が高いですので一定の経過を見た上で、数日置きに利用するなどして、経済的にご利用なされることをKSKではおすすめしています。

BioBran=バイオブランと他のアラビノキシラン商品との違い


アラビノキシランはイネ科(稲・小麦・とうもろこし)の植物に含まれている食物繊維(糖鎖)です。他メーカーからも、アラビノキシラン商品が発売されていますが、BioBranとして世界で普及しているのは、大和薬品製のアラビノシキラン製品になります。

BioBranの製造過程でもっとも重要なことは、原料の米ぬかではなく、腸管免疫を触発し、腸管吸収可能な糖鎖に分解する担子菌(キノコ)からの複合酵素の抽出技術です。
米ぬかヘミセルロースBをシイタケ菌(炭水化物分解酵素活性が強くなるように育種されたDAIWA-A95菌)を液体培養し、培養ろ液を部分精製した炭水化物培養分解複合酵素(Carbohydrase Complex)を用いてアラビノキシランが得られます。

他メーカーのアラビノキシラン商品の効果・効能などについて、ほとんどがBioBranの学術論文・研究データを流用している場合が多いですのでご注意ください。

研究開始から24年目、発売20年目の「バイオブラン レンチンプラス」


マンドゥ・ゴーナム博士

バイオブランは1992年にマンドゥ・ゴーナム博士(UCLA/DREW医科大学免疫学教授) と大和薬品蠅共同で担子菌を利用した物質の開発に着手したことから始まり、1995年にバイオブランの抽出 技術が確立され、基礎試験を開始しました。 ゴーナム博士は、世界における免疫学の第一人者で、発表した論文は200近くにもなります。
2002年には、ゴーナム博士は長年の免疫学における貢献と実績が認められ、 英国のInternational Biographical Centreから 「INTERNATIONAL SCIENTIST OF THE YEAR 2002」の一人に選ばれました。


※用語の解説
MGN-3とは、バイオブランの初期研究物質名で、米国では同名で商品が販売されていました。
当初はソフトカプセル入りでしたが、その後、患者様用に水に溶けやすい微粉末製品が開発されました。
AACR[American Association for Cancer Research]
=米国癌研究協会
 研究開発の略年譜
1992年4月 担子菌(キノコ)を利用した生理活性物質の開発に着手する。
1995年3月 米糠中の新規生理活性物質MGN-3の抽出技術を確立、基礎試験を開始する。
1996年4月 27名のガン患者におけるNK免疫調節機能の論文が発表される。[AACR学術会議]
2000〜01年 2年連続で、全米免疫サプリメント販売NO.1の記録を達成する。

【AACRとは】
1907年に発足し、毎年1万人以上も集まる世界最大規模の医学系学会です。医学だけでなく薬学、病理学、予防学などをあらゆるジャンルを網羅しており、癌研究者たちの情報交換と研究結果の発表の場となっています。サプリメント先進国のアメリカでは毎年、次々に新しい機能成分が発表されており、遺伝子治療などの高度医療の研究と、食品やサプリメントなどを利用する代替医療の研究が同時に進行しています。

国内約400の医療機関、米国では2000人の医師が使用しています。


BioBran/MGN-3 基礎と代替・補完療法への応用 2006年5月にバイオランの論文集が医薬出版社から発刊されました。
(書籍名:BioBran/MGN-3 基礎と代替・補完療法への応用)
1992年にマンドゥ・ゴーナム博士(UCLA/DREW医科大学免疫学教授) と大和薬品蠅開発に着手した時には、まだバイオブランの名称はなく 研究物質名(MGN-3)として論文中にその初期名が使われています。

京都大学/東京医科歯科大学/東京女子医科大学/川崎医科大学/富山医科薬科大学/九州大学/自治医科大学/名古屋大学/ 神戸女子大学/千葉大学/日本大学/UCLA,DREW UNI./CAMBRIDGE UNI./GRONINGEN UNI./MCMASTER UNI.

大和薬品つくば工場
大和薬品つくば工場
ゴーナム博士のバイオブランに関連した約20年にわたる大和薬品との共同研究については、その成果を国際学会や 世界の学術誌に発表するたびに専門家から高い評価を得ています。
大和薬品はバイオブランの他、精製ナットウ菌培養物や米ケフィランなどの新しい食品機能成分の開発を行っており、 商品の有用性を科学的に実証するために、国内外の大学、研究機関と共同研究を続けています。


バイオブラン・レンチンプラスの商品は特別会員価格です


KSK直販ロングセラーのレンチンプラスシリーズ

弊社では、バイオブラン・レンチンプラスシリーズ3商品を発売開始から取扱って参りました。
長期ご愛用感謝セールとしてこれらの商品は2回目のご購入から特価(特別会員価格)でご購入頂けます。

詳細は下のバナーをクリックしてください。
バイオブラン・レンチンプラスの3商品は特別会員価格です。
レンチンプラスシリーズは特別会員価格です

どうぞ商品のご購入に関わらず、ご質問・ご相談のお問い合せメールお電話をお待ちしております。

0120-0874-26





   お支払い方法
送料・手数料

■送料
全国一律 485円

■代引き手数料
  一律 315円

■8000円以上
送料・手数料無料

■ネットバンク
・ゆうちょ銀行
・楽天銀行
・ジャパンネット銀行
この3行が有利です


■銀行振込,ATM入金
手数料お客様負担

■コンビニ決済
手数料お客様負担

お支払い方法
返品・交換について 未開封の商品に限り、商品到着後10日以内の返品が可能です。 それを過ぎますと、返品・交換のご要望はお受けできなくなりますので、ご了承ください。
その他詳細は⇒こちらをご参照ください。
キャンペーンセール品 キャンペーン・セール品は期間限定または数量限定のため売り切れになる場合がございますのでご了承ください。
営業ご案内
平日 10:00〜17:00
休業日(土・日・祝)
〒270-0101 千葉県流山市東深井846-97
TEL.04-7153-0875 FAX.04-7178-3233
KSK直販 「フリーダイヤル」 0120-0874-26